学童保育や子どもの放課後の過ごし方に関する悩みを解決します。

自治体別学童

自治体別学童

東京23区の自治体別 「学童クラブ」および「放課後子ども教室」の最新情報をお知らせします。
今後、東京23区以外にも、エリアは随時拡大予定です。

千代田区   2013/10/8時点

http://www.city.chiyoda.lg.jp/index.html

  • 学童クラブ数
    • 区立5、民営4
  • 対小学校比率
    • 113%(9か所/8校)
  • 対象児童
  • 保育時間
    • <通常>下校時~19:00
    • <土曜日>9:00~17:00
    • <学校休業時>8:15~19:00
  • 月額料金
    • 保育料 4,000円 ※当分の間2,000円
    • おやつ代 1,500円程度
  • 新年度募集
    • 募集受付期間は、2月
    • ※年度途中の入会は、随時申請を受付
    • 申込書は各学童クラブ・児童館にて配布
    • 申請時は、利用申込書と就労証明書(保護者につき1通)、時間延長申請書(延長希望者)を提出
    • 申請後に後日面接
    • 入会は、審査のうえ、3月下旬までに通知
  • 放課後子ども教室の実施有無
    • 全ての区立小学校で実施
    • 実施する区立小学校在籍児童が無料で参加できる
    • 平日17時まで開催
    • 学び、遊び、体験の3つに分かれている。学びにおいては、宿題や自宅から持参したテキスト等の学習支援も実施

[check]学童ナビ チェックコメント

  • 夜7時まで小学生1~6年生を預けられる23区で最も恵まれた区。
  • 学区選択性はないため、希望する小学校エリアに住む必要がある。


中央区    2013/10/8時点

http://www.city.chuo.lg.jp/

  • 学童クラブ数
    • 区立8
  • 対小学校比率
    • 50%(8か所/16校)
  • 対象児童
    • 中央区内に在住、在学する小学生1~4年生
    • および、心身に障害を有する児童で、集団育成指導が可能と認められる方は6年生まで
  • 保育時間
    • <通常>下校時~18:00※有料にて18:00~19:30まで実施
    • <土曜日>9:00~17:00
    • <学校休業時>9:00~18:00
  • 月額料金
    • 無料
  • 新年度募集
    • 募集受付期間は12月上旬
    • ※年度途中の入会は、随時申請を受付
    • 申請書は、下記よりダウンロード可能
    • http://www.city.chuo.lg.jp/kurasi/syusan/hoiku/gakudokurabu/index.html
    • 入会を希望する児童館に利用申込書と就労証明書を提出
    • 申請時に面接を実施
    • 子どもの居場所「プレディ」と重複して申込むことはできない
  • 放課後子ども教室の実施有無
    • 区立の8つの小学校で、子どもの居場所「プレディ」として実施
    • 中央区内に在住、在学する小学生1~6年生
    • 傷害・賠償責任保険料(600円)が必要
    • 平日・土曜日17時まで開催
    • フリータイム(自主的な遊び、スポーツ、読書、自習など)と
      各種教室(スポーツ・工作・体験教室など。参加は自由。)に分かれている

[check]学童ナビ チェックコメント

  • 学童クラブの保育料は、23区で唯一無料
  • 新たに晴海学童クラブを平成24年12月開校するも、学童設置率 50%は23区最下位。暫定措置で人数を増加するも、タワーマンション建設ラッシュに全く追いついていない。
  • 学童クラブに入会できたとしても、暫定措置で定員オーバーのイモ洗い状態。
  • 他区よりも恵まれている点は、平成24年より、有料にて18:00~19:30までの延長保育は、忙しいワーキングマザーに嬉しい対応。
  • 子どもの居場所「プレディ」は、学童クラブとの併用は不可。


港区     2013/10/8時点

http://www.city.minato.tokyo.jp/

  • 学童クラブ数
    • 区立19(※児童指導員を民間から一部派遣)、民営7
  • 対小学校比率
    • 110%(21か所/ 19校)
  • 対象児童
    • 港区内に在住、在学する小学生1~3年生
  • 保育時間
    • <通常>下校時~18:30 ※一部18:00まで
    • <土曜日>8:30~17:00
    • <学校休業時>9:00~18:30 ※一部18:00まで
  • 月額料金
    • おやつ代・お楽しみ会費として、月2,000円
  • 新年度募集時
    • 募集受付期間は、1月下旬~2月下旬を予定
    • ※年度途中の入会は、随時申請を受付
    • 申請書は、こちらからダウンロード可能。
    • http://www.city.minato.tokyo.jp/kodomo/kodomo/kodomo/gakudoclub/index.html
    • 入会を希望する施設に、申込日時を予約する
    • 入会申請時に、利用申込書と就労証明書等を提出し、約20分間の面接を実施
  • 放課後子ども教室の実施有無
    • 区立小学校内にて、「放課GO」として実施
    • 港区内に在住、在学する小学生1~6年生
    • 傷害・賠償責任保険料(600円)が必要
    • 平日および学校長期休暇時は17時まで開催
    • 自主的にスポーツや遊び、宿題などを行うフリータイムが基本活動。月に数回、指導員等が講師となり、工作やレクリエーションなどのプログラムを実施

[check]学童ナビ チェックコメント

  • 児童館や子ども中高生プラザ内で実施されている学童クラブと、区立小学校内で放課GOと併設し、民営の放課GO→クラブの2種類がある。
  • 保育園難民問題を学童では起こさないと区長も宣言し、区立の学童クラブの統廃合と、民間業務委託による民営の放課GO→クラブの新設が近年相次ぐ。
  • その結果、定員40をはるかに超える、大型施設が相次ぎ、保育の質の低下が心配される。
  • 港区は、青南小・白金小と御三家2校も有し、教育熱心なエリアでありながら、放課後子ども教室も自主的な遊びがメインで、区としては放課後の子どもの教育には力を入れていないと思われる。

新宿区    2013/10/8時点

http://www.city.shinjuku.lg.jp/index.html

  • 学童クラブ数
    • 区立10、民営16
    • 区が運営費を一部負担している民間学童3
  • 対小学校比率
    • 90%(26か所/29校)
  • 対象児童
    • 新宿区内に在住、在学する小学生1~3年生
    • および、心身に障害を有する児童で、集団育成指導が可能と認められる方は6年生まで
  • 保育時間
    • <通常>下校時~18:00 ※一部有料にて、19:00まで利用可能
    • <土曜日>9:00~17:00 ※一部有料にて、8:00~9:00、18:00~19:00まで利用可能
    • <学校休業時>9:00~18:00 ※一部有料にて、8:00~9:00、18:00~19:00まで利用可能
    • <日曜日・祝日>8:00~19:00 ※4学童クラブのみ利用可能(榎町学童クラブ、早稲田南町学童クラブ、西新宿学童クラブ、富久小学校内学童クラブ)
  • 月額料金
    • 月額 1人6,000円
    • 延長利用料 1人1ヵ月当たり2,000円または1回当たり200円
    • 休日利用料 1日当たり1,000円
    • 減額制度あり
  • 新年度募集
    • 募集受付期間は12月下旬~1月中旬を予定
    • ※年度途中の入会は、随時申請を受付
    • 申請書は、各学童クラブまたは子ども総合センター児童館運営係(1階窓口)<新宿区新宿7-3-29>で配付のみ
    • 場所等の詳細についてはこちらをご確認ください。
      http://www.city.shinjuku.lg.jp/kodomo/kodomos01_000103.html
    • 入会を希望する学童クラブに、利用申込書を提出し、簡単な面接を実施
  • 放課後子ども教室の実施有無
    • 新宿区全小学校内にて、「放課後こどもひろば」として実施
    • 新宿区内に在住、在学する小学生1~6年生
    • 登録料(200円)が必要
    • 平日および学校長期休暇時に実施
    • 実施時間は、小学校や時期によって異なり、早いところでは16:30 遅いところでは18:00まで

[check]学童ナビ チェックコメント

  • 日・祝も運営している学童クラブが4施設ある。
  • 民間学童施設を、区が運営費を一部負担するなど、施設の確保に自治体全体として力を入れていて心強い。


文京区    2013/10/8時点

http://www.city.bunkyo.lg.jp/index.html

  • 学童クラブ数(文京区育成室)
    • 区立26
  • 対小学校比率
    • 130%(26か所/20校)
  • 対象児童
    • 文京区内に在住、在学する小学生1~3年生
    • および、心身に障害を有する児童で、集団育成指導が可能と認められる方は6年生まで
  • 保育時間
    • <通常>下校時~18:00 
    • <学校休業時>8:45~18:00(月~金)、8:45~17:00(土)
  • 月額料金
    • 月額 1人6,000円(※おやつ代 別途2,000円)
        ※今後毎年1,000円の値上げを実施
        平成27年4月 月7,000円
    • 減額制度あり
  • 新年度募集
    • 募集受付期間は1月上旬予定
    • 年度途中の入会は、随時申請を受付
    • 申請書は、下記よりダウンロード可能
      http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_jidoseisyonen_jido_ikusei.html
    • 入会を希望する育成室(学童クラブ)に、利用申込書と就労証明書(保護者につき1通)を提出し、簡単な面接を実施
    • 審査の結果を2月下旬までに通知
  • 放課後子ども教室の実施有無
    • 実施していない
    • ただし、文京区独自のパイロット事業として「放課後オアシス事業」を平成18年9月より、汐見小学校でモデル実施中。

[check]学童ナビ チェックコメント

  • 小学校に対する学童クラブ数は130%。入室できない心配はなさそうです。
  • 延長保育は平日は18時まで、土日は未対応となっており、他区と比較すると不便です。
  • 近年大規模化を進めた結果、教育の文京区とは言えないお粗末な取り組み状況状況。なんと、夏休みは昼寝タイムがある(要はスタッフの都合で寝かせているだけ)。残念です。


台東区    2013/10/8時点

http://www.city.taito.lg.jp/

  • 学童クラブ数(こどもクラブ)
    • 民営19 ※民間学童1
  • 対小学校比率
    • 100%(19か所/19校)
  • 対象児童
    • 台東区内に在住、在学する小学生1~3年生
    • および、心身に障害を有する児童で、集団育成指導が可能と認められる方は6年生まで
  • 保育時間
    • <通常>下校時~18:00 ※有料にて19時まで延長可能
    • <土曜日>8:00~18:00 ※有料にて19時まで延長可能
      <学校休業時>8:00~18:00(月~土) ※有料にて19時まで延長可能
  • 月額料金
    • 育成料 月額 4,000円 (延長育成料は別途月額1,000円)
    • おやつ代 クラブにより月額 2,000円~2,400円
    • 減額制度あり
  • 新年度募集
    • 募集受付期間は12月上旬予定
    • 年度途中の入会は、15日〆切→翌月1日入会、月末〆切→翌月15日入会にて、随時申請を受付-- 下記よりダウンロード可能
    • http://www.city.taito.lg.jp/index/benri/download/jidohoiku/kodomoclub.files/079419_000001.pdf
    • こどもクラブに、利用申込書と就労証明書等を提出する
    • 希望クラブは、第2希望までを明記する
    • 審査の結果を2月下旬までに通知
  • 放課後子ども教室の実施有無
    • 実施していない
    • ただし、千束小学校にて放課後子ども広場事業モデル実施中

[check]学童ナビ チェックコメント

  • 学童クラブの設置率は100%。
  • 全学童クラブは、かなり以前より民営化されており、土曜日も含めて19:00まで延長保育を実施している。


墨田区    2013/10/8時点

http://www.city.sumida.lg.jp/

  • 学童クラブ数
    • 区立&民営 30
  • 対小学校比率
    • 120%(30か所/25校)
  • 対象児童
    • 台東区内に在住、在学する小学生1~3年生
    • 台東区内に在学する小学生4年生以上に在籍し、特に必要と認められる児童
  • 保育時間
    • <通常>下校時~18:00 
    • <長期学校休業時>8:30~18:00(月~金)
  • 月額料金
    • 4,500円
    • ※減額制度あり
  • 放課後子ども教室の実施有無
    • 区立の7つの小学校で実施
    • 原則として、当該実施校の1年生~6年生まで
    • 参加料は無料
    • 実施日時は学校によって異なる

[check]学童ナビ チェックコメント

  • 以前より、60~100名前後の大規模な学童クラブが多く、学童の保育の質が追いついていない。
  • 2010年には、学童保育のおやつの時間にだされたアメリカンドッグをのどにつまらせて児童が亡くなる、とても悲しい事件が起きました。。。


江東区    2013/10/8時点

http://www.city.koto.lg.jp/

  • 学童クラブ数(江東キッズクラブB)
    • 区立28、民営13
  • 対小学校比率
    • 93%(41か所/44校)
  • 対象児童
    • 江東区内に在住、在学する小学生1~3年生で
    • かつ保護者がに3日以上、午前8時から午後1時までを除く時間帯で就労していること
  • 保育時間
    • <通常>下校時~18:00 
    • <土曜日学童クラブ>8:30~17:00 ※土曜開室学童クラブへの入会は、保護者が月に2日以上、土曜日に就労していること等の条件あり
    • <長期学校休業時>8:30~18:00(月~金)
  • 月額料金
    • 育成料 月額4,000円
    • 間食費(おやつ代) 月額1,500円(土曜開室学童クラブは、別に月額300円)
    • 保険料(傷害保険)   年額1,300円
    • 減額、助成制度あり
  • 新年度募集
    • 新年度募集期間は12月上旬
    • ※年度途中の入会は、15日〆切→翌月1日入会、月末〆切→翌月15日入会にて、随時申請を受付
    • 申請書は、下記よりダウンロード可能
    • http://www.city.koto.lg.jp/seikatsu/kosodate/5999/6000.html
    • 利用申込書と就労証明書等を、希望する学童クラブへ提出する
    • 審査の結果を2月下旬までに通知
  • 放課後子ども教室の実施有無
    • げんきっずとして、区立の10の小学校で実施
    • 当該実施校の1年生~6年生まで
    • 年間登録参加料3,000円、年間保険料1,200円が必要となる
    • 実施曜日は、学校によって異なるが月~金、または月~土の8:00~18:00に利用できる

[check]学童ナビ チェックコメント

  • 以前は、最長17時までの学童保育でしたが、18時までに延長されました。
  • 保護者のニーズに対応できていないためか、江東区には父母が自主的に運営を行う「自主共同学童保育」と呼ばれる民間学童がある。

品川区    2013/10/8時点

http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/index.html

  • すまいるスクール数 ※従来の公立学童は廃止され、放課後子ども教室・すまいるスクールに一本化
    • 民営 38
  • 対小学校比率
    • 100%(38か所/38校)
  • 対象児童
    • 品川区内に在住、在学する小学生1~6年生
  • 保育時間
    • <通常>下校時~18:00 
    • <学校休業時>8:30~18:00(月~土) ※土曜日は弁当持参
  • 料金
    • 【登録時】 1200円 ※内訳:登録費 550円、傷害・賠償責任保険の保険料650円、
    • 【勉強会】500円/月(週1回の学年) 800円/月(週2回の学年)
    • 【教 室】教材費等実費
  • 新年度募集
    • 品川区内に在住、在学する全小学生ができるため定員・審査はない
    • 予め登録を行ったうえで、毎月の「おたより」を見て「参加申込表」を提出をする
    • 年度ごとの登録制で、利用日と時間を書いた申込書を毎月提出する
    • 登録書は、校長名で全家庭に配布
    • 校長名で全家庭に配布途中入会の場合には、入会を希望する下記のすまいるスクールに連絡の上、必要書類と登録費用を提出して申込をする
  • 実施内容
    • 1.フリータイム 児童が自主的に遊びやスポーツ、自習など
    • 2.勉強会 学年ごとに算数・国語の復習などを実施
    • 3.教室 パソコン、英会話、軽スポーツなど、学校ごとに各種活動を実施

[check]学童ナビ チェックコメント

  • 従来型の公立学童クラブを廃止し、全てを放課後子ども教室・すまいるスクールに一本化した
  • 週に1~2回は勉強会があったり、学校側の施設を優先的に使えるなど、こどもの学びとしてはメリットもたくさんある。
  • 18時までおやつなしは、こどもにとっては大変。かつ毎日100名前後のこどもたちを受け入れていて、こどもの怪我が多い
  • 「公立学童廃止」に伴い、2004年に保護者と指導員の方が自主的に設立した学童クラブ(はらっぱクラブ)は、2009年9月末に閉鎖。こどもたちにとっての理想の放課後の場を続けることはとっても難しいのですね。


大田区    2013/10/8時点

http://www.city.ota.tokyo.jp/

  • 学童クラブ
    • 区立72
  • 対小学校比率
    • 120%(72か所/60校)
  • 対象児童
    • 大田区内に在住、在学する小学生1~3年生
    • 学校内で実施する学童クラブ(分室、おおたっこひろば、フレンドリー 21か所)の場合は、当該小学校に在学する小学生1~3年生
  • 保育時間
    • <通常>下校時~17:00 ※延長保育 17:00~18:00、上池台児童館、子ども交流センターは、19:00まで
    • <学校休業時>9:00~17:00(土・長期休み)※延長保育17:00~18:00
  • 料金
    • 通常利用 月額4,000円
    • 通常利用の延長保育(午後6時まで) 月額1,000円
    • 一時利用 1回500円
    • 夏休み利用 期間5,000円
    • ※減額制度あり
  • 新年度募集
    • 募集受付期間は11月下旬~12月中旬予定
    • ※年度途中の入会は、随時受け入れる
    • 申請書は11月1日より各施設で配布
    • 事前説明会は、11月10日より開催。詳細日程は以下参照
      http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/kodomo/shien/jidoukan/jidougakudou.html
    • 入会を希望する学童クラブに、利用申込書と学童保育調査票、就労証明書を提出する
    • 審査の結果は、2月上旬に選考会を実施し、2月中旬までに通知
  • 放課後子ども教室の実施有無
    • 実施していない

[check]学童ナビ チェックコメント

  • 数年前までは、学童待機児童数が激増。その後、学校内の空きスペース活用等により、施設数は増加したもののなんとかギリギリのところこで回っている、というのが正直なところ。
  • 放課後子ども教室はいまだパイロット事業も行われておらず、他自治体と比較すると遅れをとっている


目黒区    2013/10/8時点

http://www.city.meguro.tokyo.jp/

  • 学童クラブ
    • 区立20、民営6
  • 対小学校比率
    • 118%(26か所/22校)
  • 対象児童
    • 目黒区内に在住、在学する小学生1~3年生
  • 保育時間
    • <通常>下校時~18:00
    • <学校休業時>8:30~18:00
  • 料金
    • 月額6,000円 ※平成25-26年7,000円、平成27年以降8,000円料金改定予定
    • 減額制度あり
  • 新年度募集
    • 募集受付期間は、1次受付 11月中旬、2次受付 12月中旬、3次受付 2月上旬予定
    • ※年度途中の入会は、随時受け入れる
    • 申請書は、下記よりダウンロード可能 http://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/kosodate/kodomokyoshitsu/gakudo_annai/shorui/index.html
    • 区役所窓口に、利用申込書、利用基準調査票、就労証明書を提出する
    • ※やむを得ないご事情により郵送で申請書類を提出する場合は、各申請受付期間最終日の消印があるものまで有効
    • 審査の結果は、1・2次受付分は、2月末までに、3次受付分は3月中旬までに通知される
  • 放課後子ども教室の実施有無
    ・放課後の取り組みについては、ランドセルひろばとこども教室の2つがある
    ・ランドセルひろばは、月~金17時まで開放された放課後施設を管理者のもと、自由の遊ぶが
     ここで起きた怪我については、傷害保険でカバーされていない
    ・こども教室が、本来の放課後子ども教室の取り組みで、現在7か所で実施しており、目黒区在住の当該小学校在学者以外でも参加できる
    ・こども教室の開催日時や内容は、地域によって異なる。毎日実施しているわけではないが、地域の人たちの協力のもと、文化・スポーツ、地域交流等の楽しいプログムが提供されている

[check]学童ナビ チェックコメント

  • 最長18時までの保育時間を除くと、一人あたりの施設の広さや指導員数は恵まれて、子どもの様子を丁寧に保護者にフィードバックがあるなど、きめ細かいケアがされている。
  • 利用料金は、今後月額8,000円へ改定予定で、ややお高め。
  • こども教室の評判も高い!参加が抽選式になっているところもあるが機会があれば、参加したいプログラムがたくさん。


世田谷区   2013/10/8時点

http://www.city.setagaya.lg.jp/index.html

  • 学童クラブ(新BOP学童クラブ)
    • 区立64
  • 対小学校比率
    • 100%(64か所/64校)
  • 対象児童
    • 世田谷区内に在住、在学する小学生1~3年生
    • および、心身に障害を有する児童で、集団育成指導が可能と認められる方は6年生まで
  • 保育時間
    • <通常>下校時~18:00
    • <学校休業時>8:30~18:00
  • 料金
    • 間食費 月額2,000円 ※平成25年7月より利用料3,000円導入予定
  • 新年度募集
    • 募集受付期間は1月上旬
    • ※年度途中の入会は、随時受け入れる
    • 申請書は、下記よりダウンロード可能
    • http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/103/131/499/index.html
    • 利用する新BOP学童クラブに、利用申込書、就労証明書を保護者が提出する
    • 審査の結果は、3月上旬までに通知される
  • 放課後子ども教室の実施有無
    • 世田谷区立の全小学校64校で新BOPを実施しており、当該小学校の児童は誰でも利用できるため新BOP学童クラブと併用して利用している児童が多い
    • 利用時間が夏季は17時、冬季は16:30まで
    • 取り組み内容は学校によって異なるが校庭・体育館を利用した活動的なイベントや、映画会等の室内イベントなど様々な遊びを体験する場が提供されている

[check]学童ナビ チェックコメント

  • 1999年に、23区で先駆けて学童クラブに放課後こども教室(当時は全児童対策事業)を導入し、2005年に全ての世田谷区立小学校に導入された。
  • 学校のスペースを有効活用しているために、新BOP学童クラブおよび新BOPともに定員はない
  • 民間学童が世田谷区に多く進出しており、学童保育の延長や、教育の場を期待する声が大きい。


渋谷区    2013/10/8時点

http://www.city.shibuya.tokyo.jp/

  • 放課後クラブ数(※従来の公立学童は廃止され、放課後子ども教室・放課後クラブに一本化)
    • 民営 20
  • 対小学校比率
    • 100%(20か所/20校)
  • 対象
    • 渋谷区内に在学する小学生1~6年生 ※渋谷区に在住し、私立小学校通学者は個別相談
  • 保育時間
    • <通常>下校時~19:00 
    • <学校休業時>9:00~18:00(月~土日・祝日含む)
  • 料金
    • スポーツ安全保険の加入料(600円)/年間
    • おやつ代 70円程度/日
  • 新年度募集
    • 募集受付期間は2月上旬予定
    • 申請書は下記よりダウンロード可能
    • http://www.city.shibuya.tokyo.jp/joho/elec_apply/elec_list.html#houkago
    • 希望する学童クラブに、登録申請書と就労証明書を記入し、保険料600円を添えて提出する
    • ※途中入会の場合には、毎月20日までに登録申請をすると、翌月より利用できる
  • 放課後クラブの取り組み
    • 安全な学校施設を活用して、放課後等に文化的活動、スポーツ活動、学習活動などの教育的プログラムを実施
    • 異年齢交流や地域の人との交流の機会を提供している
    • 親が就労していない児童は、放課後クラブ A会員として月~金17時まで利用できる

[check]学童ナビ チェックコメント

  • 渋谷区立の全小学校20校で平日は19時まで、土日・終日も8時から18時まで実施しており、ワーキングマザーにとっては心強い。
  • 一方で、区立小学校で実施しているので周辺私立小学校等に通う在住者にとっては、心理的はハードルはかなり高そうです。


杉並区    2013/10/8時点

http://www.city.suginami.tokyo.jp/

  • 学童クラブ
    • 区立42、民営7
  • 対小学校比率
    • 114%(49か所/校43)
  • 対象児童
    • 杉並区内に在住、在学する小学生1~4年生
    • および、心身に障害を有する児童で、集団育成指導が可能と認められる方は6年生まで
  • 保育時間
    • <通常>下校時~18:30
    • <土曜日>9:00~17:00 ※土曜日の就労証明が必要
    • <長期学校休業時> 8:30~18:00(月~金)
  • 料金
    • 利用料 月額3,000円
    • おやつ代 月額1,800円
    • 減額制度あり
  • 新年度募集
    • 募集受付期間は12月上旬予定
    • ※年度途中の入会は、随時受け入れる
    • 申請書は、下記よりダウンロード可能
    • http://www2.city.suginami.tokyo.jp/apply/apply.asp?genre=3010&apply=000001
    • 入会を希望する学童クラブに、入会申請書、就労証明書等を提出する
    • 後日面接があり、こどもと保護者が一緒に面接する
    • 審査の結果を2月下旬に通知
  • 放課後子ども教室の実施有無
    ・実施していない

[check]学童ナビ チェックコメント

  • 小学校施設内での民営7施設を除くと、他42施設では定員をもたずに、柔軟な受入れを実施。
  • この規模のこどもの数で、対象が小学校4年生まで、かつ平日18:30、土曜日実施は素晴らしい!
  • 放課後子ども教室は実施しておりませんが、小中学生の障がい者のための放課後クラブを7か所で実施しています。


中野区    2013/10/8時点

http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/

  • 学童クラブ
    • 区立14、民営11
  • 対小学校比率
    • 100%(25か所/校25)
  • 対象児童
    • 中野区内に在住する小学生1~3年生
    • および、心身に障害を有する児童で、集団育成指導が可能と認められる方は6年生まで
  • 保育時間
    • <通常>下校時~19:00 ※18:00~19:00利用の場合は、延長料金が別途必要
    • <学校休業時>8:00~19:00(月~土) ※8:00~8:30、18:00~19:00利用の場合は、延長料金が別途必要
  • 料金
    • 利用料 月額4,400円
    • おやつ代 月額1,250円
    • ※免除制度あり
    • 朝の延長代 月額750円
    • 夕方の延長代 月額2,000円
  • 新年度募集
    • 募集受付期間は12月上旬予定
    • ※年度途中の入会は、随時受け入れる
    • 申請書は、12月1日より下記からダウンロード可能
    • http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/242700/d002325.html
    • 各学童クラブ、福祉センター、区役所のいずれかに、学童クラブ利用申請書、家庭状況書、就労証明書等を提出する
    • 審査の結果を3月上旬に通知
  • 放課後子ども教室の実施有無
    • 放課後や週末に、小学校の空き教室や、児童館、また委託団体等で文化、スポーツ、学び以外にも、野菜づくりや和太鼓など、様々なプログラムを実施
    • 開催日時や場所については個別に問合せが必要(下記リンク先参照)
    • http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/242700/d010752.html

[check]学童ナビ チェックコメント

  • 区立学童クラブ施設は、民営化が進んでいますが、いずれも月~土は19:00まで実施しており特に影響はなさそうです。
  • 放課後こども教室の取り組みは、とても楽しそうですね!


豊島区    2013/10/8時点

http://www.city.toshima.lg.jp/

  • 学童クラブ
    • 区立23
  • 対小学校比率
    • 100%(23か所/23校)
  • 対象児童
    • 豊島区に在住、または通学する小学生1~3年生
  • 保育時間
    • <通常>下校時~18:00
    • <土曜日>9:00~17:00
    • <学校休業時>9:00~18:00(月~金)
  • 料金
    • 利用料 月額3,000円
    • 間食代(希望者のみ) 月額1,000円
    • ※減額・免除制度あり
  • 新年度募集
    • 募集受付期間は1月上旬~約2週間予定
    • ※年度途中の入会は、随時受け入れる
    • 利用申請書は12月上旬より、各学童クラブまたは区役所のこども課で配布
    • 希望する学童クラブに、学童クラブ利用申請書・就労証明書・口座振替依頼書を提出する
    • 後日、子どもと一緒に面接を実施
    • 審査の結果を3月上旬に通知
  • 放課後子ども教室の実施有無
    • こどもスキップという名称にて、豊島区に在住、または通学する全小学生を対象に実施している
    • こどもスキップは、活動を通して、子どもたち同士の関係を広げる「子ども同士の遊びと交流の場」として、今後は、既存の児童館からの変更を予定されている

[check]学童ナビ チェックコメント

  • 現在、受入れ人数に制限のある児童館での学童クラブは6か所は受入れ人数に制限のないこどもスキップに、随時変更が予定されている
  • 平日は18時までで延長なし。たった30分、1時間違うだけでもワーキングマザーにとっては全然違いますね。。


練馬区    2013/10/8時点

http://www.city.nerima.tokyo.jp/

  • 学童クラブ
    • 区立76、民営17
  • 対小学校比率
    • 143%(93か所/65校)
  • 対象児童
    • 練馬区に在住、または通学する小学生1~3年生
  • 保育時間
    • <通常>下校時~18:00 ※民営学童クラブでは、有料で8:00~19:00まで可能
    • <土曜日>9:00~18:00 ※民営学童クラブでは、有料で8:00~19:00まで可能
      <学校休業時>9:00~18:00(月~金) ※民営学童クラブでは、有料で19:00まで可能
  • 料金
    • 月額5,500円 ※同一世帯で2人以上の児童がクラブに在籍している場合には、2人目以降の児童の保育料は月額4,500円
    • 延長保育を利用の場合は、午前8時からの利用で月額 500円、午後7時までの利用で月額 2,000円
  • 新年度募集
    • 募集受付期間は、1次募集は11月下旬、2次募集は12月中旬予定
    • ※年度途中の入会は、利用可能2週間以上前から随時先着順にて受け入れる
    • 利用申請書は、下記よりダウンロード可能
    • http://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/shussan/gakudo/gakudo_gaiyou_2404.html
    • 1次募集の場合、希望する学童クラブに、学童クラブ利用申請書と就労証明書等を提出する
    • 審査の結果は、1次募集は2月中旬、2次募集は3月中旬に通知
  • 放課後子ども教室の実施有無
    • 現在は実施していない。練馬区放課後子どもプランを2007年より策定中。。。
    • かわって、ひろばづくり事業を1995年より実施し、現在は60校の区立小学校で実施している
    • 当該小学校に通学し、事前登録と保険料600円を支払い済みの全児童が、学校応援団と呼ばれるスタッフの管理のもと、内および室外の自主的な遊び、スポーツ、読書、宿題など自習のほか、季節行事等のイベントへの参加などに参加している。

[check]学童ナビ チェックコメント

  • 学童クラブ数は、都内23区では、足立区98に次ぐ、93施設ととても多い
  • 民営17施設は平日と土曜日含めて19時までお預かり可能で、区立との差別化が図られている。
  • また学童クラブでは、にこにこと呼ばれる、0~3歳未満の子育て中の保護者様とこどもたちとの交流する場を午前中に提供されている。育休中に、こどもと同年代の交流づくりができるのはいいですね。


板橋区    2013/11/3時点

http://www.city.itabashi.tokyo.jp/

  • 学童クラブ
    • 区立28、民営29、私立2
  • 対小学校比率
    • 113%(59か所/53校)
  • 対象児童
    • 板橋区に在住、または通学する小学生1~3年生
    • および、心身に障害を有する児童で、集団育成指導が可能と認められる方は6年生まで
  • 保育時間
    • <通常>下校時~18:00
    • <学校休業時>8:30~18:00(月~金)
  • 料金
    • 月額4,800円
    • ※減額免除制度あり
  • 新年度募集
    • 募集受付期間は11月下旬予定
    • ※年度途中の入会は、随時先着順にて受け入れる
    • 利用申請書は、募集受付期間からダウンロード可能
    • 希望する学童クラブに、学童クラブ利用申請書と就労証明書等を保護者が提出する
  • 放課後子ども教室の実施有無
    • あいキッズという名称にて、板橋区立小学校17校にて実施しており、今後拡大予定
    • 利用者は、原則として当該小学校の全児童で、学童クラブの児童も含めて、平日17時まで利用できる
    • 責任者とプレイングパートナーと呼ばれるスタッフ平均4名のもと、一緒に自由遊びやスポーツ、体験交流活動など実施している
    • 平成26年からは預かり時間等に選択肢を増やした「新あいキッズ」を試験実施予定。
      [check]学童ナビ チェックコメント
  • 土曜日は実施しておらず、平日も18時まで
  • 土曜日を実施していない他の区は、教育の文京区、事件のあった墨田区と、この板橋区のみ。板橋区の方は、ワーキングマザーの方が少ないとも思えなのですが・・・。


北区     2013/10/8時点

http://www.city.kita.tokyo.jp/

  • 学童クラブ
    • 区立47、民営12
  • 対小学校比率
    • 155%(59か所/38校)
  • 対象児童
    • 北区に在住、または通学する小学生1~3年生
  • 保育時間
    • <通常>下校時~18:00 ※民営12施設のみ19:00まで実施
    • <土曜日>8:15~17:00 ※民営12施設施設のみで実施
    • <学校休業時>8:45~18:00(月~金) ※民営12施設のみ8:15~19:00まで実施
  • 料金
    • 月額5,000円
    • おやつ 月額1,500円
    • ※減額免除制度あり
  • 新年度募集
    • 募集受付期間は12月中旬予定
    • ※年度途中の入会は、随時各学童クラブにて先着順にて受け入れる
    • 利用申込書は12月上旬から各学童クラブ、児童館、子育て支援課窓口にて配布予定
    • 希望する学童クラブに、学童クラブ利用申請書と就労証明書等を保護者が提出する
  • 放課後子ども教室の実施有無
    ・実施していない

[check]学童ナビ チェックコメント

  • 区立小学校に対する学童設置率は155%と高いのですが、保育の質には疑問が残ります。
  • 小学生1~3年生40名に対して、指導員は2名。学校の授業とは異なり統制がとれない自由遊び中でのこども20名対大人1名でよく大きな事故が起こらないな、と思いました。


荒川区    2013/10/8時点

http://www.city.arakawa.tokyo.jp/

  • 学童クラブ数
    • 区立4、民営20
  • 対小学校比率
    • 100%(24か所/24校)
  • 対象児童
    • 荒川区に在住する小学生1~3年生
  • 保育時間
    • <通常>下校時~18:00
    • <土曜日>9:00~17:00
    • <長期学校休業時>9:00~18:00(月~金) ※利用時間繰り上げ制度該当者は申請にて8:30~利用可能
  • 料金
    • 月額4,000円
    • 別途おやつ代が必要
    • ※減額免除制度あり
  • 新年度募集
    • 募集受付期間は12月1日予定
    • ※年度途中の入会は、随時各学童クラブにて先着順にて受け入れる
    • 申込書は下記よりダウンロード可能
    • http://www.city.arakawa.tokyo.jp/kosodate/menu/service/index05004.html
    • 希望する学童クラブに、学童クラブ利用申請書と就労証明書等を保護者が提出する
    • 1月中旬に面接
    • 審査結果は、3月初旬に通知
  • 放課後子ども教室の実施有無
    • 「にこにこスクール」という名称にて、区立の7つの小学校にて実施
    • 当該の区立小学校に在学する全児童が無料にて参加できる
    • 利用日時は、月~金が18時、土曜日は9~17時、学校休業日(月~金)が9~18時となっている
    • 遊びの場、学習の場、スポーツ活動体験の場、文化活動体験の場、そして伝承遊び体験の場があり、様々な体験ができる

[check]学童ナビ チェックコメント

  • 民営化が進んでいますね。
  • 長期休暇中の8:30からの利用時間繰り上げ制度はありがたいですね。平日18時までも、もう少し延長もして頂きたいです。


足立区    2013/10/8時点

http://www.city.adachi.tokyo.jp/

  • 学童クラブ(学童保育室)
    • 区立87、民営11
  • 対小学校比率
    • 136%(98か所/72校)
  • 対象児童
    • 足立区に在住する小学生1~3年生
  • 保育時間
    • <通常>下校時~18:00 ※有料にて延長保育を19:00まで8か所で実施
    • <土曜日>8:30~17:00
    • <長期学校休業時>8:30~18:00(月~金)
  • 料金
    • 月額6,000円 ※延長保育は別途月額3,000円
    • ※兄弟割引あり 下の子が半額
    • ※減額免除制度あり
  • 新年度募集
    • 募集受付期間は11月上旬予定 
    • ※年度途中の入会は、随時各学童クラブにて先着順にて受け入れる
    • 申込書は、下記よりダウンロードできる
    • http://www.city.adachi.tokyo.jp/juku/k-kyoiku/kosodate/g-annai.html
    • 希望する学童保育室に、利用申請書と家庭状況票、就労証明書等を保護者が提出する
    • その後、新一年生は親子面談、新二・三年生は保護者面談がある
    • 審査結果は2月下旬に通知予定
  • 放課後子ども教室の実施有
    • 「あだち放課後子ども教室」という名称にて、足立区立の全小学校72校にて実施
    • 原則、当該小学校の1~6年生で参加を希望する全児童が参加できる(学校の事情により対象学年は異なります)
    • 利用日時は、学校によって異なるが、長期休暇中は実施していない
    • 自由な遊びと学習を基本としている

[check]学童ナビ チェックコメント

  • 数年前までは、学童待機児童数が数百名単位でいたのですが、施設数も東京23区では最も多くなりました。素晴らしい
  • 有料ですが、8か所で午後7時までの延長保育も嬉しいですね。
  • 2010年度からは、放課後子どもプラン(あだち放課後子ども教室)が、足立区立の全小学校72校で 導入もされています。


葛飾区    2013/10/8時点

http://www.city.katsushika.lg.jp/

  • 学童クラブ(学童保育室)
    • 区立25、民営46 ※葛飾区では区立民営学童保育クラブを私立と呼ぶ
  • 対小学校比率
    • 144%(71か所/49校)
  • 対象児童
    • 葛飾区に在住する小学生1~3年生
    • および、心身に障害を有する児童で、集団育成指導が可能と認められる方は6年生まで
  • 保育時間
    • <通常>下校時~18:00 ※18:00~19:00は別料金にて利用可能
    • <土曜日>8:30~19:00 ※18:00~19:00は別料金にて利用可能
    • <長期学校休業時>8:30~18:00
  • 料金
    • 月額4,000円
    • その他 間食費・教材費 月額2,000~3,000円負担あり
    • ※減額免除制度あり
  • 新年度募集
    • 募集受付は11月中旬予定
    • ※年度途中の入会は、随時各学童クラブにて先着順にて受け入れる。希望入会月の前日15日までに要申込
    • ※区立民営学童保育クラブは、葛飾区では私立として扱い、申込先も個別に私立施設に行う
    • 申込書は、下記よりダウンロードできる
    • http://www.city.katsushika.lg.jp/26/106/index.html
    • 希望する学童保育クラブに、利用申請書と就労証明書等を保護者が提出する
    • 審査結果は、2月下旬に通知
  • 放課後子ども教室の実施有無
    • 「わくわくチャレンジ広場」という名称にて、葛飾区立の全小学校49校にて実施
    • 原則、参加対象は当該小学校の4~6年生で参加を希望する全児童が参加できる(学校によっては、低学年から参加可能)
    • 利用日時は、平日の放課後が中心となるが、学校によっては土曜日や長期休暇中にも開催される
    • 児童が自主的・自発的な活動を行う「自由遊び」を中心に、茶道教室などの「カリキュラム」も実施される

[check]学童ナビ チェックコメント

  • 区立で民間に委託している民営学童を私立と区分し、申込・選考を独自に行っているが、基本的にはサービスや料金、時期等も区立に準じて実施している。
  • 71施設中、民営(私立)学童は46施設あり、49全ての民営学童が19時までに延長保育を実施している##のはとてもありがたい。


江戸川区   2013/11/29時点

http://www.city.edogawa.tokyo.jp/

  • 学童クラブ数(※従来の学童クラブが廃止され、放課後子ども教室・すくすくスクール学童クラブの一本化)
    • 区立73
  • 対小学校比率
    • 100%(73か所/73校)
  • 対象児童
    • 江戸川区に在住する小学生1~6年生
  • 保育時間
    • <通常>下校時~18:00
    • <土曜日>9:00~17:00
    • <長期学校休業時>9:00~18:00
  • 料金
    • 月額4,000円
    • 補足費 月額1,700円(希望制)
    • ※減額免除制度あり
  • 新年度募集
    • 募集受付期間は11月下旬予定
      ※年度途中の入会は、随時各すくすくスクールにて受け入れる。毎月15日〆切、翌月入会
    • 申込書は、下記よりダウンロードできる
    • http://www.city.edogawa.tokyo.jp/kurashi/kyoiku/sukusuku/gakudoclub/
    • 希望するすくすくスクールに、利用申請書と就労証明書等を保護者が提出する
    • 審査結果は、郵送で通知
  • 放課後子ども教室の実施有無
    • 「すくすくスクール」の一般登録をすることで、江戸川区在住の全小学生が利用できる
    • 利用日時は、学童登録した場合は平日18時まで、土曜日や長期学校休業時は9:00~17:00開催
    • サッカー、ドッジボール、なわとびといった身体を動かすものや、勉強、読書、ゲームといった静かな活動など、スタッフの見守りの中、こどもたちが主体的に実施されている。
    • 保護者・地域のサポーター(ボランティア)の方々によって、地域活動や文化芸術活動など特色あるすくすくスクールが展開されている。

[check]学童ナビ チェックコメント

  • 全児童を対象に、月額料金無料で平日17時までの無料ですくすくスクールを運営しているのであれば、学童クラブ登録者の利用時間の延長料金を伸ばしてあげて欲しい!
  • 学童クラブの児童は、おやつは食べれません。育ちざかりのこどもにとっては、とてもかわいそうですね。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional